sometimes...
平凡な人生で起こった事や、思ったことを日記として時々残すことにしました。
プロフィール

ミポリオ

Author:ミポリオ
しがらみだらけの日本社会を脱出し、2008年10月より1年間オーストラリアでワーホリ生活満喫!
世界一周のスタート地点のつもりだったけど、意外にも相にあっているのでロングステイも考え始めた今日この頃。
2009年10月から3ヶ月間は、東南アジアも放浪。あぁ、世界ってやっぱりおもしろい!
そうはいっても、やっぱり戻ってきましたオーストラリア。
ってことで、2ndワーホリ始まりました!



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



月別アーカイブ



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京タワー
東京タワー

そろそろ要らない本を売ろうと思い、整頓していたら出てきた一冊。
エンディングが気になって再読。

大学生の透は20歳も年上の詩史と過ごす甘美なひと時で、恋の極みを感じ、満ち足りていた。
「恋はするものじゃなく、おちるものだ」透はそれを、詩史に 教わった。
一方、透の親友である耕二は、女子大生の恋人がいながらも、喜美子との肉体関係に夢中だった。
夫もいる年上の女性と大学生の少年 、二組の対極的な恋人たちの恋愛小説。

東京タワーの元に住む彼らの行動は、何度読んでも私の住む世界とは離れすぎている。
セレブは不倫しても良いのね。。。
セレブは随分年下の彼氏ができちゃうのね。。。

そういえば、映画観てなかった。
という事で、レンタルして観てみました。

東京タワー プレミアム・エディション

岡田准一最高!Beautiful!Wonderful!
パーフェクトです!!
もう、透でも岡田でもどっちでも良いからキテ!!って感じでした。
完全にノックダウンよ。メロメロ・・・

詩史役の黒木瞳は、最初からチョイスミスだと思ってましたが予想通り。
この二人だと完全に親子にしか見えないので、むしろキモかった。
でも、この役できる女優って・・・・・やっぱり黒木瞳しかいないかぁ~。

もう一方の、耕二&喜美子不倫カップルの方が本のイメージに近かったな。
喜美子はもっと奇抜なイメージだったから寺島しのぶでは物足りない気がしたけど、リアルな感じはしたね。
松本潤も良かったよー、初めてそう思った。
やっぱ芸能人ってかっこいいわぁ~。


とにかく毎度思うのが、本の美しい部分が映像では表現できないのが悔しいね。
その美しい部分ってのは私の想像だから、まぁ仕方ないか。。。
どちらも現実味は無いけれど、映画のエンディングはやりすぎだったな。
あれは無いでしょ、普通に考えて。

な~んか煮え切らない映画だったなぁ。
 
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://cherry003.blog70.fc2.com/tb.php/731-0331b6b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。