sometimes...
平凡な人生で起こった事や、思ったことを日記として時々残すことにしました。
プロフィール

ミポリオ

Author:ミポリオ
しがらみだらけの日本社会を脱出し、2008年10月より1年間オーストラリアでワーホリ生活満喫!
世界一周のスタート地点のつもりだったけど、意外にも相にあっているのでロングステイも考え始めた今日この頃。
2009年10月から3ヶ月間は、東南アジアも放浪。あぁ、世界ってやっぱりおもしろい!
そうはいっても、やっぱり戻ってきましたオーストラリア。
ってことで、2ndワーホリ始まりました!



カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



月別アーカイブ



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絃の聖域
絃の聖域〈上〉 絃の聖域〈下〉

薦められて読んだ一冊です。
金田一耕介など、明治・大正・昭和などの名探偵を思い出させる、推理小説の王道といった感じでした。

世間とは一線を引いて存在するお家芸の世界で起こる殺人事件を、ひょろっとして頼りなさげな塾経営者の伊集院大介青年が謎を解くという推理小説でした。
王道でしょ、まさに!
昔の推理小説って、絶対に公家や家元とか、気品のある世界が舞台だよね~。

ただ、スピード感のある現代の推理小説(!?)である東野圭吾のミステリーに慣れてしまった私には、ページを進めるのに苦心しました。
10年くらい前なら、スラスラ読めたであろうが・・・。
スポンサーサイト


コメント

分かる!いま私も栗本作品読んでるんだけど、言い回しが長かったり、
説明が重複する部分があるから、なかなか進まないんだよね~(笑)

「絃の聖域」はほんとザ推理小説v-353って感じだよね~♪
[2007/12/27 09:37] URL | けいこ #- [ 編集 ]


塾経営者が謎を解くの!?
すごいなぁ~、塾経営者。
今あたしDSのレイトン博士にハマってるんだけど、
全然ナゾが解けないから代わりに解いてほしい!!
関係ない話でゴメンヨv-389
[2007/12/27 13:16] URL | よしお #- [ 編集 ]


>>けいこさん
この「絃の聖域」は、途中まで雑誌に連載されていたようです。だから、もしかしたら、けいこさんの読んでるのも連載されてたものなのかも!だから、重複が多いのでは・・・!?次は、今っぽい小説を読みます。ってか、しばらく古典的なのは無理ですv-431

>>よしお
うん、不思議な塾経営者だったよ!
しかも、生徒1名のみだから家庭教師にした方が、営業費が掛からなくていいのに・・・と思ったよ。
ごめん、意味わかんない話で!v-389
[2007/12/27 22:40] URL | ミポリオ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://cherry003.blog70.fc2.com/tb.php/499-c3abab7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。