sometimes...
平凡な人生で起こった事や、思ったことを日記として時々残すことにしました。
プロフィール

ミポリオ

Author:ミポリオ
しがらみだらけの日本社会を脱出し、2008年10月より1年間オーストラリアでワーホリ生活満喫!
世界一周のスタート地点のつもりだったけど、意外にも相にあっているのでロングステイも考え始めた今日この頃。
2009年10月から3ヶ月間は、東南アジアも放浪。あぁ、世界ってやっぱりおもしろい!
そうはいっても、やっぱり戻ってきましたオーストラリア。
ってことで、2ndワーホリ始まりました!



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



月別アーカイブ



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌われ松子の一生
200607032307082.jpg

読破~~!!
面白かった!!(と言っちゃっていいのかな!?)ので、上下巻あるんだけど、3日で一気に読んでしまった。

話自体は松子の転落人生で、相当不運続きで可哀相な話なんだけど、真実の軌跡を追う現代と、過去の実際の出来事を交互に書いてあるので、ミステリーを解いていく感じで、続きが気になって気になって・・・・面白い~~~っ!!

本を読むときは必ず主人公になりきって読んでしまう私だが、この主人公松子には、全然入り込めなかった。(松子のような経験が無かったし、価値観も違いすぎるし、行動に想像を絶するものがあるから)
さらには、共感できるところが全くなかった。
なんで、この人はこんなにも不運なんだろう?
もしもあの時・・・!?
あの時、ああしてれば・・・!!??
なんでそうなっちゃうの・・・・!!!???
まだあるの・・・!!!!!!
と、最後までハラハラ・ドキドキしてた。

でも最後まで読みきって、「あぁ、この話はただ不幸な女性の話ではないんだ」とわかった。
結局、「普通の人生を送っていると思ってる人間にも、突然松子のように人生が転落していってしまうきっかけはいつでも、どこにでもあるんだ」ってことが言いたいのではないか・・・。
この本はそんな教本なんだと思う。

「きっと30歳になったら、人生あっという間に終わっちゃうんだろうな~」という考えを私は常に持っていたので、30歳までにいろいろな事をしなければ・・・!と焦っていた。
(その割りに何かを始める事に対して臆病になって身動きが取れないのが現状・・・。)
でも、この本を読んだら、不運で選択肢をいつも誤ってはいるけれど、その時々に目標を立て、一生懸命になってコツコツ取り組む松子の姿勢に感銘した。
松子の人生こそ短かったが、22歳から53歳の間にあんなにたくさんの経験が出来るという事に驚くと共に、人生諦めたときに終わるんだなと思った。

読み終わって、何かを頑張りたくなった。
よ~し、私は諦めないぞ~!!(←人生を)


とりあえず、次の休みに映画「嫌われ松子の一生」を観にいこう!
中谷美紀が松子っていうのには納得できないが、中島哲也監督の映画なので、ちょっとワクワク(下妻物語を観た時はかなり体に衝撃が走ったので・・・邦画もやるじゃん!と思った程)


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://cherry003.blog70.fc2.com/tb.php/22-766f1189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。