sometimes...
平凡な人生で起こった事や、思ったことを日記として時々残すことにしました。
プロフィール

ミポリオ

Author:ミポリオ
しがらみだらけの日本社会を脱出し、2008年10月より1年間オーストラリアでワーホリ生活満喫!
世界一周のスタート地点のつもりだったけど、意外にも相にあっているのでロングステイも考え始めた今日この頃。
2009年10月から3ヶ月間は、東南アジアも放浪。あぁ、世界ってやっぱりおもしろい!
そうはいっても、やっぱり戻ってきましたオーストラリア。
ってことで、2ndワーホリ始まりました!



カレンダー(月別)

09 ≪│2009/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



月別アーカイブ



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

San Kam Phaeng

IMGP7512.jpg

 
サムイでコケて膝に青アザ作って痛い目みたので、二度と乗ることなかれと思っていたのに、再び乗ることになってしまった原付。
民族村を探しに原付に跨りレッツゴー!
が、行けども行けどもそれらしい村なんて見当たらない。
道を聞いても、英語も通じない。
で、なんとなく教えてもらった方向に進み、たどり着いた先は「Spring」。
そう、温泉。(笑)
完全に主旨変わっちゃいましたが、温泉卵と足湯を堪能!

IMG_7237.jpg
温泉が湧き出ておりますって言いたいトコだけど造りモン。
IMG_7238.jpg
卵を購入!そう、温泉って言ったら・・・
IMG_7246.jpg
温泉卵!食べるっきゃないでしょっ!?よこちんよろしく、何せ105度。激熱っ!
IMG_7247.jpg
10分でこんな感じに。うんまいっ!でももう少し柔らかめでも良かったかな。。。
IMG_7245.jpg
タイにも足湯のカルチャーはあるんだね・・・ってか、熱すぎ!45度はあった。
IMG_7251.jpg
斬新ですぎでしょ?なんでも作ればいいってもんじゃないと思うけど・・・。
IMG_7249.jpg
ってか、なぜここに?でも、あればハメるしかないでしょ!?血が騒ぐ・・・。



帰路には、アーティストホームスティなる建物が!
行くっきゃないでしょ!ってことで進入。
染色に陶芸、料理教室に絵画、ビーズアクセサリーの作り方も学べるスパ付きゲストハウスでした。
しかも、来週オープン。
っていう説明を、雰囲気のある建築家に直接案内してもらって聞きました。
なんか自分のやりたいことをやっちゃってる・カタチにしちゃってる感じが、とっても羨ましかったし、励みになった。
動けば目標は達成できる!的な・・・ね。
部屋もオッシャレーでねぇ~、いつか泊まりたいよ、こういうとこに。

IMGP7517.jpg
これが、その全貌。デザイン画と言ったほうが良いのか、それとも案内図・・・?
IMG_7256.jpg
タイ人には見えないオシャレなおじさん、いや建築家だった。何気におソロ(笑)。
IMG_7253.jpg
ここでは、布に版画をプリントしてました。これもある意味新しさを感じたね。



真っ青な空に広大な田園という、まさに田舎な風景の中、颯爽と走る原付。
当初の目的(民族村に行くってこと)は全く果たせなかったけど、青春を絵に描いたような今日の無謀ぶりがギャグすぎて忘れられない一日になったな。

IMGP7570.jpg
最後にレインボーだからね、素晴らしすぎるね、人生ってやつは!!


(2009.10.23.)


スポンサーサイト
Chiang Mai

IMGP7406.jpg


バンコクからバスで10時間、初上陸チェンマイ!
バンコクに次ぐ、タイ2番目に大きな街。
街には昔の城壁が残っていて、それだけで歴史的重みを感じずにはいられない。
「タイの京都」と言われるだけあり、城壁に囲まれた市内には寺が100以上点在する。
最初は珍しがって写真撮りまくってたけど、途中から見慣れちゃって感動なくなっちゃった。(スミマセン)
ってか、私は大して寺が好きなわけじゃないんだったのに気づいた。(笑)
私の好物は、何といっても遺跡だからね。
似て否なるもの!

IMG_7341.jpg
これ、かなり感動しましたワット・チュッディ・アルン。Huge!!
IMG_7330.jpg
像がかわいい!
IMG_7300.jpg
金ピカの寺ばかりかと思いきや、こんな趣のあるお寺もありました。
IMG_7301.jpg
寺って、本来はこうあるべきなのでは・・・と思うわけです。
IMG_7332.jpg
ちょっと寺に飽きたと思ったら、3人の王様が討論してたり、腰紐カラフルだったり・・・。
IMG_7294.jpg
実は白い巨塔は全部王家の墓だったり・・・。
IMG_7309.jpg
なぜか寺にうどん食べてるドナルド像作っちゃったり・・・。
IMG_7287.jpg
菩提樹の下には、必ずブッタがいたり・・・。
IMG_7260.jpg
旗がいっぱいだったり・・・。
IMG_7269.jpg
バンコクとは少し形が違ったり・・・。
IMGP7572.jpg
お坊さんとメアド交換しちゃったり・・・とチェンマイの寺はツッコミ所満載!(笑)



そんな中でも、山頂にある最も大きな寺「ドイ・ステーブ」は別格!
ここからは、チェンマイ市街も一望できたし、なによりも仏塔とブッタの像を拝む現地人の信仰心の強さに唖然とした。
同じ仏教でも、上座部仏教、下部座仏教と国が違えば種類も違い、さらに宗派までできてしまい拝み方、崇め方、信仰心の深さまで差が出るって・・・宗教って一体何なんだろう?ふっしぎ~ぃ。

IMGP7449.jpg
ここから始まります!
IMGP7490.jpg
300段の階段。実は行きはモノレールで上がりました(告白)。年齢には勝てんっ!
IMGP7488.jpg
入り口、、、といいつつ帰り道(笑)。
IMGP7454.jpg
これが有名な塔ですが、残念ながら修復中。ある意味貴重な画だね。
IMGP7468.jpg
Good luckらしいので、私も手に白い紐をつけてもらいました。
IMG_8727.jpg
寺の裏に回ると、チェンマイ市内が一望できます。



そこから数km山奥にあるモン族の村にも足を運びました。
思ったより、、、普通の家が多かった。
なんか観光用に、ちょっとだけ昔の様子を見せてるっていう感じで、少しがっかり。
子供たちも民族衣装着てるけど、普通にスカートの下にはジャージが覗いてたし・・・。
カンボジア同様タカられたし・・・。
なんかね、、、わかるんだけど、なんとかならなものなのかな?
特にタイなんかは貧富の差がすごく大きいから、観光客じゃなくて自国民で助け合うっていう精神はないのかな?
オーストラリアなんかは、ホームレスに募金してくださいって映画のコマーシャルでやってたり、実際に観光客より現地人が募金してるのよく見るし・・・。
寺ばっかりゴージャスに金ピカにしても、、、これじゃ誰も救えてないじゃんって思ってしまった。

話がズレましたが(反省)、モン族の刺繍は素晴らしかった!
人間業の域超えてるでしょ!!
誘惑に負けて、負けて、ヤラレっぱなし!
欲しい衝動抑えられないっ!!
ということでクローゼットに仲間が増えました。(笑)
持って旅して回るなんてできないんで小包で送らなければ・・・。
あぁ、やっぱり煩悩捨てきれない私。チッポケ。

IMGP7423.jpg
ここだけ、こんなかやぶき屋根チックでした。他はトタンの家が多かったな・・・。
IMG_8682.jpg
決して買えませんよ、非合法ですから!(笑)
IMGP7433.jpg
子供はみんな可愛いです。民族服が、その可愛さをさらに増します。
IMGP7431.jpg
山を駆け下りるモン族の子供たち、後姿に罪はありません。
IMG_8696.jpg
見よ!この痛々しい写真をっ!!
IMG_7368.jpg
いい仕事しすぎでしょ!?モン族の皆さんっ!誘惑に負けすぎな私・・・。


(2009.10.22-24.)


Flooting Market

IMG_7209.jpg


バッリバリ観光してます!
バンコクと言えば、絶対行かなくちゃ!でしょう、「水上マーケット」。
観光客誘致のためにタイ政府が開発したという裏情報を知っているので、めちゃくちゃヤラせ感否めなかったけど、楽しんできました!
8年前に比べると、ちょっと観光客が減って、店舗や船も少なくなったような・・・でも、賑やかな雰囲気は今なお健在!
ここで食べたココナッツパンケーキが忘れられなかったので再び賞味!
相変わらず美味しくて嬉しくなっちゃった。

それにしても、今もなお実際にここで水上生活してる人がいるっていうのには驚きを隠せない。
ホームステイ・・・1日だけだったらしてみたいな。

IMG_7207.jpg
この喧騒感がいかにもアジアって感じだね。
IMG_7187.jpg
船は平気でドッカンドッカンぶつかってくるので要注意!
IMG_7217.jpg
これがそのココナッツパンケーキ!ぜひ、タイに来たらご賞味ください。
IMG_7219.jpg
水上で自転車って・・・ハイテクな時代になったもんだわ。
IMG_7220.jpg
洗濯もトイレもお風呂も、プールだってこの水を使うようです。私には無理だ・・・。


(2009.10.21.)


Ayutthaya

IMG_7139.jpg


ただいま~!!

帰ってきたよ~、世界で一番好きな場所「 アユタヤ」!
真っ赤なレンガと光り輝く自然のグリーン、そして真っ青な空。
この配色にヤラれっぱなしでした。
あ~、ドキドキが止まらない~ぃ。

でもね、遺跡群は素晴らしいままだったけど、その周りの町が発展しすぎちゃってて興ざめでした。
8年前は店も歩道もなく、木々もそんなに成長してなかったから、だだっ広~い景色に遺跡がドッカンドッカン見えて、この世の風景とは思えないってくらいの感動ぶりだったけど、今は・・・。
現地の人にとっては、世界遺産を観光地化することによって町興しになって良いんだろうけど・・・な~んか虚しさを感じてならなかった。
まぁ、私のわがままなんですけどね。

IMG_6916.jpg
ビルマ軍に襲撃されても、なお残るっていうことに何かを感ぜずにはいられない。
IMG_6940.jpg
悪いことはしてないと思うので、許してください。。。
IMG_7018.jpg
なんてったって、テンション上がりまクリスティなんで、、、
IMG_7022.jpg
これは、タイでは相当罰当たりな行為です。スミマセン。。。
IMG_7057.jpg
メディテーション中。。。
IMG_7170.jpg
帰りにすごい建物発見しました!一見普通の西洋風教会に見えますが、、、
IMG_7164.jpg
なんと崇めているのは「仏」!市松模様とステンドグラスに坊さんって・・・アリですか?


(2009.10.20)


Kanchanaburi

IMG_6781.jpg


映画「戦場に架ける橋」のモデル「カンチャナブリ」に行ってきました。
第二次世界大戦で、日本兵がミャンマーへ移動するために捕虜に創らせた「死の橋」。
正直、そういう橋だとは知らずに行ってしまったので、歴史的背景を聞くと胸がかなり痛みました。
まぁ、過去は消さないので、こういうことが二度と起こらないよう平和を祈るしかないな。

IMG_6767.jpg
観光客が歩いて渡ってますが、実際に列車も走っててビックリ!
IMG_6764.jpg
こちらの途中までの方の橋がリアルなほう。ここに捕虜が立たされて空撃を受けた。



橋は徒歩でしか越えなかったけど、鉄道にも乗っちゃいました。
リアル「世界の車窓から」。で、テンション上がりまくり!
しかも、たったの150バーツ(540円)で一等席に乗れて、ジュースやお菓子まで付いて、なんて優雅!
ハイソな気分=プライスレス!!
いつもバスで旅してる私なんで、初の列車でかなりときめいちゃいました。

IMG_6790.jpg
いかにも田舎~な駅に、気持ちがホッコリ!
IMG_6813.jpg
リアル「世界の車窓から」ということで、カンチャナブリの車窓からお届けします。
IMG_6806.jpg
こういう映像よくテレビで見るなぁ~。感激!
IMG_6809.jpg
テンションあがる、この橋桁のある絶景!
IMG_6810.jpg
顔出したら間違いなく潰れてしまうほど狭い線路幅にヒヤヒヤ・・・。
IMG_8472.jpg
いきなりここで降ろされました。駅らしいが・・・ホームもなしっ!!



昼食はなんと川の上で!!
竹のイカダのレストラン兼ゲストハウス。
食後は小型イカダでリバークルーズ(!?←ただ流されてるだけ?)
少年のようにはしゃいでしまったよ・・・。
それにしても、この国には茶色以外の川がないっ!

IMG_6821.jpg
まずはボートで上流に向かいます。。。ヒャッホ~イ!
IMG_6836.jpg
で、上流からイカダで下ります。。。



この日は盛りだくさんで、象にも乗ったぞぅ!!
でも、実はあまり好きではない・・・。
前回のタイ旅行で乗った象が、突然怒って仁王立ちして落ちそうになったという経験があったからね。
しかも、クマデみたいなもので象を調教するから、血が出てる象を見るのが辛すぎる・・・。
で、この日も・・・象が怒ってた。
突然木をバッキバキ折ってたから、調教師に叩かれてて可哀相だった。
象とはあまり相性が良くないみたい・・・。

IMG_6850.jpg
山中を象でトレッキング!このシチュエーションでテンション上がらない人はいないでしょ!?



最後に滝にも行きました。
今までで一番いい滝だった。(けど、名前覚えてない)
天然滑り台。
あぁ、水着もって来るべきだった・・・。
いつかまた来たい滝No.1に躍り出ました!!

今回の旅で、最もアクティブな1日だったな。

IMGP7213.jpg
丸く緩やかな岩々でできた滝。こんな姿の滝は始めてみました。
IMG_6903.jpg
身一つで下れそうな、、、天然滑り台に次回はチャレンジしたいな~。


(2009.10.19.)


Beng Mealea

IMG_6643.jpg

 
本日快晴!
向かった先は、天空の城ラピュタのモデル「ベンメリア」。
世界にはたくさんのラピュタモデルがありますが、ここが本物。間違いなし!
なにせ宮崎駿さん来たらしいからね。
しかも、シータ姫実際にいるからね。
残念、パロネラパーク(オーストラリア)!(笑)

アンコールワットを創った王様がここも創ったらしいです。
しかも、アンコール・ワットよりも以前に。
創ったはいいが、不便だったのでアンコールワットに都を移したよう・・・権力者ってのはいつの時代も皆同じね、まったく酷い話だわ。
とはいえ、素晴らしい!!
建築物っていうよりは、自然の方がね。
ここはアンコール・ワットとの建物の壮大さを感じるっていうよりは、その真逆で自然の驚異を目の当たりにします。
台風と戦争によって破壊された城に、菩提樹が根を張り、さらにその上に絞め殺しの木が巻きつき侵食。
まさに自然の弱肉強食。
結局、人間が創造したものは、自然の力には敵わないってことを目の当たりにした。
あぁ、人間の力っていうのは何てちっぽけなんだ。

IMG_6686.jpg
なんとなくラピュタっぽい??
IMG_6700.jpg
ちょっとやってみたくなって・・・フュージョン!笑
IMG_6639.jpg
これが地雷を撤去したっていう証明の看板。



ここまでの道中もすごかった。
生のカンボジア、特にここシェムリアップという田舎の貧しい生活が垣間見れた。
雨によって浸水してしまうので高床式で、木製で藁の屋根。
トイレのない家もあるらしい。
それどころか、ドアや壁が吹きさらしの家もあって驚いた。
家の周りには何もなく、雨季により溜まった水溜りではしゃぐ子供たちを見て感嘆してばかりだった。
他の世界を知らない分、知識がないので、本来幸せの尺度っていうのは皆同じバロメーターなんだろうけど、やっぱり自分は不自由なく常に刺激を見つけられる日本に生まれて幸せだと思った。
というより、それで不幸だと思ったらバチあたるでしょ・・・。
もうね~、みんなに見て欲しいと心底思ってしまったよ。

IMG_6631.jpg
水溜りだらけの道路。見てる分には面白いけど、通るとなると大変!
IMG_6630.jpg
これがリアルカンボジア、無の境地だと思う。



シェムリアップのシティも散策してきました!
街を歩くだけで、赤土が舞い上がって喉痛くなるからね。
でも、そんな中にマーケットや屋台が点在していて、オシャレなBarストリートなんかもあって、その意外性にビックリ!
なんかね~、複雑な心境だった。
でも、ぶっちゃけ助けられもした。
だって、申し訳ないけどカンボジア料理は美味しいとは言えなかったし、コンビニだってあるけど、買えるものが全くないからね。
だから、3人でけっこうマイっちゃってたんだけど、最終日に遺跡だけじゃなく、買い物もできておいしい料理も食べられるっていう新しいカンボジアを味わえれて、すごくいい思い出になった。
とはいえ、タイに戻ってタイ料理をお腹いっぱい食べようと3人で誓ったのだった・・・。

IMG_6720.jpg
現代にもあるんです、こういう街がっ!!
IMG_6739.jpg
ナイトマーケット。タイよりも安い!!


(2009.10.16.)

アンコールワット

IMG_6343.jpg


キター!!!
アンコール遺跡群。


最初に行ったのは「アンコール・トム」。
12世紀に建てられたヒンズー教を奉った宗教大都城。
49つの塔の東西南北に顔があるので顔の総計196つ・・・やや恐い。
劣化と戦争によりかなり破損してるわけだけど、5つの門の中で唯一残っている南大門の顔を見たら胸の衝動が抑え切れませんっ!!
来てよかったー(泣)。
久々の遺跡めぐり開始にテンション上がりまくり!

カンボジアは9~10月が雨季なので、この日は早朝から大雨、しかも一日中だってさ。
晴れ女のパワーもここまでか・・・と思いきや、なんと昼から快晴!
やっぱり神様は私たちの味方なんだと、さらにテンションUP!

ということで、絶好調の私たちが次に向かったのは「タ・プローム」。
ここはねー、自然のパワーをものすごく感じられます!
すごいのよ、とにかく!!
ガジュマルの木が遺跡の上に根を張って、自然の力を見せ付けられてる感じ。
人間の創造物には永久なんて無いんだな。 

つわものどもが夢の跡・・・

まさにこのこと。

IMG_6440.jpg
人間ってのは、本当にちっぽけ・・・でもそこがかわいいんだけどさ。



さて、いよいよ念願の「アンコール・ワット」へ。
東西1.4km、南北1.3kmの外周。
感想・・・Huge!!
すごいっす!
写真で見て憧れていた景色が今、自分の目の前に。
落ち着いてなんていられなかったね。
ロマン感じまくりスティー!
これは説明できません、とにかく見に行ってください。

IMG_6570.jpg
バッバ~~~~ッンッ!!!



最後に、アンコールの聖山である「プノン・バケン山」に登ってアンコール・ワットの全景を見下ろし、サンセット観賞。
素晴らしい遺跡、素晴らしい夕日、素晴らしい友人、素晴らしい一日に今日も感謝!
楽しすぎて、幸せすぎて・・・ちょっと疲れたのでパワーチャージしなくっちゃ。
明日は、いよいよ・・・。
あぁ、楽しみすぎて眠れないっ!!

IMG_6620.jpg
30分ほど山を登ると、この遺跡に遭遇。ここからワットとサンセットの眺めを楽しんだ。
IMG_6579.jpg
こんな風にワットが見える。発見者アンリ・ムーの感動を共感。これぞロマンッ!
IMG_6611.jpg
朝の土砂降りからは考えられないようなサンセット。すべての奇跡に感謝!!



カンボジアに来ました!

IMG_6273.jpg


はい、カンボジアに来ちゃいました。
With ゆみちん&よこちんカッポー!

長年の思い、今叶ったり・・・。
何せ歴史・遺跡が大好物な私ですから。

早朝にカオサンロードを出発し、4時間後に国境にたどり着きました。
そう、陸路で国境越え!
あいのり的な超え方(手をつないでジャンプ的な)したかったのに、たいしたラインがなかった・・・。
さてカンボジア、思ったよりも豊かだなってのが感想。
カンボジアっていうと内戦・難民・貧困・飢餓なんてダークなイメージしか湧かなかったから、ビルに自動車に市場と喧騒にぎやか、何よりも今日は青空だったから(全然理由にならないけど)、少しホッとしてしまった。

でもね、、、途中休憩ポイントで小学生の女の子がミサンガをくれて、その代わりに日本のコインをコレクションしてるからちょうだいって言ってきたんだけど、まぁ、ここまではお金ほしさのタカリと同じなんだけど、最後に「ペンをちょうだい」って言ってくるの。
この言葉にはすごく心打たれたね。。。
勉強したいのに、ペン買うお金もないくらい貧しいっていうこの国の状況、そして勉強したい一心でこういう苦肉の策をせざるをえない子供たち。
この現状を世界中の人に見て、知ってもらいたいと切に思いました。
いつか、ペンを回収してこの国の子供たちに届けたいという目標がさっそくでき、再来をすでに自分に約束しました。

で、再びバスに揺られ、3時間後にシェムリアップに到着!
そう、明日は遺産マニアには念願のアンコールワット観光、楽しみすぎ!!

IMG_6459.jpg
コンクリートじゃない道が9割なのには、わかっていてもやっぱり衝撃を受けた。
IMG_6473.jpg
マーケットも日本の昭和初期のよう(知らないけど)。ゆっるゆるな雰囲気だった。



ウルトラミラクル再会スペシャル!!

IMG_6121.jpg

 
ヌーサで初めて出会い、その後ブリスベン、その5ヶ月後にはシドニーでバッタリ会うというミラクル再会を遂げた、2008年ワーキングホリデー生活で最も印象的なカップルゆみちん&よこちんと、ここバンコクのカオサンロードで再会をまたまた果たしました。
この3日間待ちきれなかったよ、お二人さんっ!
もうね~、旅が40%楽しかったのが120%面白くなっちゃったよ!

タイ飯を楽しんで、カオサンロードにチャオプラヤ川遊覧、ワットアルンとワットポーの拝観、露店ショッピングにニューハーフショーと笑って笑って笑いまくった2日間。
最高でしたー!!

ありがとう、、、二人に出会えたことが私の宝です!

これから2週間、楽しすぎて幸せなんだろうな~♪ワイワイ

IMG_6206.jpg
チャオプラヤ川の向こうにあるワット・アルン。別名、暁寺院で夕焼けがキレイみたい。
IMG_6176.jpg
テンションが一緒(と思われる)だから旅も楽しい♪
IMG_6253.jpg
相当おもしろかったニューハーフショー。残念ながらおっぱいは触れなかった・・・。
IMG_6260.jpg
かわいいんだかどうだかよくわからなくなってた・・・けどテンション上がりっぱなし!



Chao Phraya River

IMG_5987.jpg


タイ10日目。
まだ食あたりにはあってません。
ようやく水しか出ないシャワーにも慣れました(笑)。

さて、バンコク3日目の今日はチャオプラヤ川に沿ってお散歩。
まずお目にかかったのは「ブラスメン砦」。
タイには似つかわしくない風貌なんだけど、今日の入道雲にぴったりマッチしてておとぎ話の中のお城の様。ステキ!!
そこをスタート地点に、ラマ1世橋まで下っていきました。

で、今日はワットマハタートを見学、エメラルド寺院・王宮はノースリーブを着ていたので、おっかな顔の警官に「ダメ、ダメ」と断られ、外から眺めただけ。

IMG_6019.jpg
ワット・プラケオ。うっわ~、戻ってきた感がようやく出てきた!!



それから、パクロン市場にも足を運んだ。
パクロン市場は現地人ばかりで、観光客が全くいなかった。
なにせ、花しか売ってないからね(笑)。
仏花なんだろうけど、蓮の美しさやたくさんの花々にか~~~~なり癒されました。
とにかく安い!!
ここでだったら、100本のバラだって楽々買えちゃうよ。

IMG_6036.jpg
これは・・・すごすぎだよね。。。
IMG_6038.jpg
蓮。上品な雰囲気で素敵すぎです。



さて、最後にワットポーに足を運びました。
お~、懐かしい!
ようやく昔の記憶の断片を思い出せた。
150mの涅槃仏像が在るんだけど、それよりも外の塔に感動!
まるでミハエルネグリンのアクセサリーのような装飾!!
ってか、ネグリンが真似したとしか思えない!
とにかく素晴らしくて、キュートで、鮮やかで、ようやくアジアに対する興味心に火がついた。

あぁ~、早くアユタヤに行かねばっ!!
我慢できないっ!!

IMG_6057.jpg
ワット・ポー。かわいすぎ!もう欲しいくらい。
IMG_6087.jpg
ここでお経を唱え、メディテーション。ようやくお経暗記した甲斐があった(と思う)。
IMG_6100.jpg
写真撮って良いよーって言ってくれたわりには笑顔がない。。。



バンコク中心街に行ってきました。

IMG_5978.jpg


バックパッカーのための安宿街カオサンロードを離れ、シティに行ってきました。
2002年に一度バンコクは訪れているけど、シンガポール同様目覚しい発展ぶりで、まったく思い出せない。。。
とにかくモダンなファッションビルばかりで、ショッピング目的じゃない私にとっては全く無意味だった。
それにしても、ブランド群が日本と変わらない・・・ヴィヴィヴァン・ウェストウッドまで入っててビックリしちゃった。需要あるんかね?
ただね、これまたシンガポールと同じで、建物が面白い!
それらを見てるだけで半日潰せそう。
日本ってのは、なんであんなに無難なビルばかりなんだろう?

IMG_5970.jpg
ここはマシだけど、高層ビル群凄すぎてむしろごちゃごちゃ汚い感じ。



パッポン通りとタニヤ通りっていう通称「日本人街」があると知り、興味本位で行ってみました。・・・が、まだ屋台陣準備中。
聞いてみたら夜7時かららしい。
で、周りにある店々を眺めたらいかがわしい店ばかりじゃありませんか!?
そう、ここはピンクロード!
こんなとこをわざわざ「日本人街」なんて別名つけられて、日本人は恥ずかしくないんか??
とにかく超場違いで恥ずかしいので、さっさと退散しました。

IMG_5973.jpg
準備中のパッポン通り。早く来すぎたみたい・・・。
IMG_5977.jpg
道に迷ってたら、蹴鞠(!?)やってた。かなり熱くて見入ってしまった。



帰り道、バスで出会ったインド人でタイに住む女の子と出会い、色々話して仲良くなったので、一緒にご飯食べに行ったら、まんまと奢らされた。
まぁ、たかだか40バーツ(140円)なんですけどね。
でも、あの当たり前な雰囲気がどうも許せんかったな。

IMG_5982.jpg
これが手なのか・・・!?せっかく仲良くなれたと思ったのにな。



そういえば、昨夜生まれて初めて金縛りにあった。
動けないし、声でないし、本当に何かが乗り移ったかと思っちゃったよ。
こういう時、誰かが隣にいてくれると良いのにな・・・。
あぁ、彼氏イナイ暦ちゃくちゃくと更新中・・・。


I'm in Bangkok.

IMG_5928.jpg
バンコク着いて最初に出会った日本人シンくん、さっそく助けられました。


10月8日の正午にゲストハウスを出発し、フェリーに2時間、バスで10時間、途中意味のわからない休憩が何度も入って、10月9日の朝4時に無事にバンコクに到着しました。
早すぎでしょ、、、4時って。
真っ暗でどこに下ろされたかもわからないので、こんな状態じゃゲストハウスも見つけられん!!
ってことで、彷徨ってたどり着いた「SABWAY」(サンドウィッチの方です)。
ジュース1本買って交渉、5時間も長居させてもらって、さらに仮眠までさせていただきました。
バンコクで最初に触れた優しさ、Thanks!

で、ゲストハウス見つけてシャワー浴びて、そこで感動!
水道水が透明!
当たり前と思ってたことが、実はとても感謝すべきことなんですよー、皆さん。
サムイは黄色かったからね、うがいしても鉄の味。
臭いなんて草津の温泉の臭い(硫黄臭)だかんね!!(温泉じゃないのにっ!)

と、そんなことでテンション上がってきたので街へ散策開始!
プロモーションだからって、トゥクトゥクに2時間20バーツ(60円)で乗せてくれるって聞いて、乗ったはいいがやっぱり宝石やなにやらを売りつけようと仕向けてきたけど、うまく交わして行きたかったビッグ ブッダに乗せてってもらって、拝観時間長すぎで置いていかれたから、逆に無料になったというLuckyな話。

さらに途中でスコール。
そう、タイはこの日なんて38度なのに、雨季なので突然大雨。
で、軒下で雨宿りしてたら、おばちゃんが椅子もって来てくれた。
あぁ、またタイ人の優しさに触れてしまった。

さらに、違う軒下で雨宿り。
今度はおばあちゃんが、私の傘に入りな・・・(といったと思う。何せタイ語)と、一緒に連れて行ってくれた。
あぁ、タイってみんな優しくて涙でそう。

夜はバンコク一熱い町、カオサンロードをぶらついてたら、テレビクルーに取材を求められ、せっかくなんでインタビューに応えました。
すっぴんでしたが気にしません。(笑)

あぁ、オモロイ一日だった。
やっぱりタイ、熱いね!!

IMG_5941.jpg
45mあるというバンコク最大の仏像。ペラペラで安っぽいんだけどね。。。
IMG_5951.jpg
有名なカオサンロード。きったないのよ、巨大なねずみとか普通にいるしね。
IMG_5952.jpg
テレビクルーとハイポーズ★


さよならサムイ!

IMG_5882.jpg
初めて会ったのに意気投合!ホテルに泊まって語り合ったほど・・・旅って本当に面白い!


さてさて、特別なことは何もしていないのにサムイに結局7日も留まってしまった。
なかなか重い腰が上がらなかったんだけど、アキチャンが帰国し、その夜に運命的に出会ったカナちゃんも上海に帰ってしまい、ようやく独り。
で、そろそろ・・・と思って昨日「地球の歩き方」見たら、なんとここ物価高いじゃありませんか!?
そう、ここはリゾートアイランド。
オーストラリアに比べたら安いから、ついつい連泊してしまったんだけど、これは命取り!ってことで、早速チケット取って本日フェリーで海を渡り、夜行バス10時間でバンコクへ向かいます!!
ようやく一人旅の始まりだいっ!!

※サムイ、パンガン写真もっと見たい人↓
http://www.facebook.com/album.php?aid=2023367&id=1353622243&l=4e1824eafe


Fullmoon Party!!

IMG_5747.jpg

 
今回のメインイベント「Fullmoon party」。
行ってきましたKoh Pha-Ngan!
夕方6時から11時まで爆音は止まらず、バケツで酒を飲むという超クレイジーなパーティ。
確かに楽しい・・・けど、祭りの後のビーチを見たら羞恥心しか湧かなかった。
泥酔で倒れてる輩、海でおしっこしてる輩、まだまだ騒ぎ立ててる輩、転がった半端ない数のビール瓶にゴミ。
現地人、そして何よりも自然にごめんなさいって気持ちで胸が痛かった。

よく考えたら客はほとんど西洋人、DJももちろんそう。
で、ゴミ拾ってるのはみんなタイ人・・・。
結局、自分たちにとって都合が良いように造られた人工アイランドなんだ。
それで、「自然大好きだから」、「このパーティ好きだから3回目・・・」なんて事を恥らいなく自信持って言っちゃってるのを聞いてすごく違和感と苛立ちを感じた。
それこそ差別や偏見になってしまうけれど、私単細胞なんで当分の間ウェスタンを軽視してしまいそう・・・。

そうそう、実は大変なことが起こったんだよね。
広大なビーチに溢れる人だかり、その中で友達と逸れてしまい、私は朝まで6時間くらい探したんだけど結局見つからず。
で、クッタクタになたので諦めてフェリー乗り場に行こうと向かった途中で、なんと病院から出てきて無事再会。
なんと現地人に襲われてフルボッコ・・・。
昨日、「タイは平和すぎて全く警戒心湧かないねー」なんて話してた矢先だったんで、かなりびっくり、そして渇入れられた感じ。
応急処置(といっても3針縫ったりと相当なもの)でもまだ足りず、海を渡り再びサムイの病院で精密検査。
そして1日入院。
日本でも乗ったことがないのに、救急車をタイで人生初経験してしまった。

IMG_5824.jpg
ここに来ると、皆クレイジーになります。節度をわきまえましょう!
IMG_5653.jpg
これ、かなりの自信作!花火と満月、素敵すぎでしょー!!
IMG_5857.jpg
素敵な写真に見えますが、海に入ってる人は大体オシッコしてる人。
IMG_5876.jpg
これがタイの救急車、ある意味貴重な体験ができましたね。



※もっとサムイ、パンガンの写真が見たい人↓
http://www.facebook.com/album.php?aid=2023367&id=1353622243&l=4e1824eafe

Koh Samui

IMG_5625.jpg

 
サムイ2日目は、原付で島を一周。
トレッキングして滝を見たり、大好物の寺院参観、田舎の昭和的な町並みを見たり、ビーチと海にうっとりしたり・・・。

アジアキターって感じ。

ご飯おいしすぎで、すでに魅了。

・・・ただね、蚊が半端ない!
まだハエのほうがマシだわ。
掻きすぎて体中瘡蓋(かさぶた)だらけです・・・。
あぁ、痒みを感じない人こそ、悟りを開けた人だと羨ましく思う。

IMG_5553.jpg
この昭和な感じの町並みに胸をキュンとさせられます。
IMG_5565.jpg
ウェスタンは像の上でもハイテンション!!雄たけび聞こえてきたよ、、、人間のね。
IMG_5570.jpg
滝見ないと、サムイ来た意味ないらしい・・・けど、水力なさ過ぎぃ~。
IMG_5619.jpg
サムイを一望できるお寺、名前は知らない。今回地図すらなかったからね(笑)。
IMG_5617.jpg
そこのブッタとツーショット!



さよならシンガポール、こんにちはタイ!

IMG_5511-2.jpg

 
4日間のシンガポール滞在。
ひっさびさの完全英語環境(笑)で、何にもしてないのに毎日ぐったり、でも充実!
あまり観光せずの~んびり過ごした今回も、おもしろい出会いがありました。
昨日はシティで占い師と友達になったんだけど、どうやら私は3年後に外国人と結婚して男の子を一人産むらしい。
最近、子供3人欲しいと思ってたからちょっとショックなんだけどね・・・。

で、後ろ髪引かれながらシンガポールを後にして、たどり着いたKoh-Samui。
はい、今日からタイランド!
My favorite country!!
日本から来たアキちゃんと合流して早速行ってきました、屋台にクラブ。
ここは不夜城!
毎日がパーティ!!

テンション下がれないね、、、
ここは一人で来なくて本当に良かった、、、と切に思いました。

IMG_5513.jpg
空港からすでにリゾート間たっぷり!ディズニーシーみたい!!
IMG_5516.jpg
待ってました屋台!この安っぽいネオンがアジアキターって感じよね。
IMG_5525.jpg
さっそく飲んで踊り狂いました。そんな輩ばかりでした。



※もっとシンガポール写真見たい人↓
http://www.facebook.com/album.php?aid=2014534&id=1353622243&l=cc7b6a8a9a






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。