sometimes...
平凡な人生で起こった事や、思ったことを日記として時々残すことにしました。
プロフィール

ミポリオ

Author:ミポリオ
しがらみだらけの日本社会を脱出し、2008年10月より1年間オーストラリアでワーホリ生活満喫!
世界一周のスタート地点のつもりだったけど、意外にも相にあっているのでロングステイも考え始めた今日この頃。
2009年10月から3ヶ月間は、東南アジアも放浪。あぁ、世界ってやっぱりおもしろい!
そうはいっても、やっぱり戻ってきましたオーストラリア。
ってことで、2ndワーホリ始まりました!



カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



月別アーカイブ



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chiang Khong
しばらく食あたりと風邪で死んでましたが、ようやく元気になってきたし、ネット環境が整っているので日記再スタート!
皆様、心配してくださってありがとうございました。
実は、昨日ベトナムに入国済みですが、世界一不思議な国といわれている「Laos」の日記が、気づけば全く無いので、タイでの最後の日記後の事後報告、いやいや、思い出回想させていただきます。


Chiang Khong

 
チェンライからチェンコーンへ。
結局、チェンライには10日も滞在してしまった・・・特に何も無い街だったのに。
バスに揺られること2時間30分、バスを降りるとお決まりのトゥクトゥク勧誘。
街の中心まで3kmと聞き、地図やガイドブックという情報源が無いので仕方なく乗車、ゲストハウスを紹介してもらった。
ん!!??・・・めっちゃ近いじゃん。
やられました、わずか1.5km。
街もめちゃくちゃ小さくてな~~~んにも無い。
簡単に通り過ぎました。
しかも、紹介されたゲストハウスは、私の苦手なバンガロータイプ。
断って他を紹介してもらおうと踏んでいたのに、同乗していたメキシコ人コンビが即効気に入ってしまい、なぜか私も含めた3人部屋で決定され、荷物まで勝手に運ばれていた。
オイオイオイッ!!
3人部屋は無い、絶対!危なすぎでしょ。
ってことで、なんとかシングルのバンガローをゲットしたはいいが、入ってすぐに蜘蛛の巣にひっかかるわ、、、
シャワールームは外に直接吹き抜けになってて、蚊が大量に入ってきてるわ、、、
しかも、外丸見えだわ、、、
洗面台に虫がいっぱい死んでるわ、、、
ベットの上も埃っぽいわ、、、
ドアのかぎ閉めたら、手に虫の死骸ついてるわ、、、
竹でできたバンガローだから、窓やドアが隙間だらけだわ、、、
ってか、窓に鍵無いから外から進入できるわ、、、
カーテンにカタツムリついてるわ、、、
シャワーはお湯が出るって言ったのに、水しか出ないし(外気20℃で水は無理でしょ~)、、、
と、かなりのサバイバル!
夜は、ガサゴソと明らかに音が近くに聞こえてきて、ふと見上げるとねずみが壁の穴から覗いてるではありませんかっ!!??(しかもでかいし、目光ってるし~ぃ)
ねずみとアイコンタクト・・・怖すぎた。
一人の孤独と恐怖を始めて知った。
人生で、これほど朝が待ち遠しい夜はいまだかつて無いだろう。
初めて、自分の限界ってものを知った瞬間。
「あぁ、家に帰りたい」この気持ちも、おそらく初めて。

Chiang Khong (6)
チェンコーンの街で一番のビル群。そう、ここは何も無い。
Chiang Khong (7)
黄昏時のメコン川。向こう側はラオス、あの船に乗って明日はメコン下りだ。


(2009.11.06.)


スポンサーサイト
Phu Chi Fa

IMG_7844.jpg 

 
本日、ラオスとの国境にある山「プー・チーファー」にご来光を見るために登ってきました。
今朝はなんと2時半起き。
顔も洗わず、そのままワゴン車に乗り1時間爆睡。
タイ人ガイドのファンさんの計らいで、まずは地元の朝市へ。
このときまだ4時、なのに市場は活気ムンムン、お客さんもちゃんといて、一体何時に起きてこれから何をするんだ?と疑念が湧いた。
観光客なんて全く来ない市場なので安い!
街の市場でも安いのに、街の半額。
小さいドーナツの詰め合わせが5バーツ(18円)、焼き鳥2バーツ(7円)、バナナもち1バーツ(3円)とこんな具合。
この市場がゲストハウスの近くにあれば、色々チャレンジできるのになぁ。

IMG_7805.jpg

 

さて、そこからさらに1時間でようやくプー・チー・ファーに到着。
日中は36℃もあるチェンライですが、最近めっきり冷え込んで夜は25℃(まだまだ寒いとは言えないだろうけどさ)。
そんなの比べものにならないくらい寒い!
半袖Tシャツにパーカー、ウィンドブレーカーを着たけど、涙出そうなくらい。(たぶん10度くらい)
体を温めるため、ホットMiloを飲んでいざ出陣!
山頂は厚い霧に覆われていて真っ白。
途中うっすら太陽や、眼下には雲海に覆われたラオスの山々が覗いたけど、なかなか霧が晴れてくれなかった。
6時半が過ぎたので、雲海に上がるご来光の美しい姿を見ることはできないと諦め、さらにがけの上の頂上まで目指した。
山頂に着くと太陽が上がりきり、真っ青に広がる大空にはうろこ雲が点在。
正直、雲海よりもこの空の偉大な景色に感動!やっぱり私は空が好きだ。

タイ・ラオスの青に近い緑色の山々を眺め、おいしい空気を吸えて、心地よい肌寒さで気分爽快!
と言いたいところだけど、下山は左足の中指が攣りっぱなしだった。
チェンライ滞在8日目、体調管理のつもりが、ただ体が鈍くなってるだけかも・・・。
これはヤバイ、そろそろ移動せねばっ!!

ということで、明日ラオスへ入国します!

IMG_7808.jpg
登ってすぐに見たのがこの景色だったから、かなり期待したのに・・・。
IMG_7810.jpg
すぐに霧が来て、一面真っ白。5m先も見えないほど。
IMG_7813.jpg
ところどころ霧が晴れて覗く太陽はステキでした。
IMG_7817.jpg
太陽が完全に上がって青空が広がり、霧に挿す光がまたなんとも神々しい。
IMG_7818.jpg
日の出と共にモン族のちびっ子がやってきました。刺繍がやっぱりかわいい!
IMG_7823.jpg
絵になるねー!!(スカートの下は、やっぱりジャージだけど)
IMG_7828.jpg
霧が晴れてきました。
IMG_7832.jpg
崖の上を目指してさらに登る・・・
IMG_7841.jpg
天辺からラオス側の眺望。雲海富山が水墨画のよう。今年、ここから2人落ちたらしい。
IMG_7840.jpg
素晴らしすぎでしょ、この大空。雲海とうろこ雲の間の太陽が・・・流涙!!


Wat Rong Khun

IMG_7741.jpg


街から14kmにある真っ白なお寺にトゥクトゥクで行ってきました。
正直、そんなに興味が無かったんだけど、一目見て仰天!

素晴らしいっ!

ぶっちゃけタイに来て一番感動したかも!?
タイには金ピカのお寺しかないので、もう見すぎてうんざり飽き飽きだったってのもあるけど、現代アートと伝統芸術の複合で超斬新!
しかも寺なのにっ!!
正直、世界に認められても良いくらいの建造物です。
まだ未完成なので、そんなに有名じゃないのかな!?
これ完成したら、すごいと思うよ!
デザイナーがチェンライ出身らしいのですが、もうすこし知名度のある土地に造ってれば、もっと寄付金出て早く完成しただろうに・・・。
早く完成が見たい!!
チェンライ、、、再来間違いなし!

IMG_7746.jpg
ババ~ンっ!入り口からド派手っ!!
IMG_7752.jpg
いいの?この施し??本当の寺なんだけどっ!!
IMG_7750.jpg
マニュキュアとか・・・ニクイね!
IMG_7751.jpg
地獄絵・・・!?グロイです。。。
IMG_7754.jpg
こんなの見たこと無いっ!!
IMG_7756.jpg
真っ白で美しいです。
IMG_7761.jpg
見よっ、この装飾!!
IMG_7760.jpg
内装には、こんな絵が!ワールドトレードセンターとスパイダーマンっていいのか?
IMG_7745.jpg
アルコール禁止にも、ここまで凝る!
IMG_7779.jpg
タバコ禁止にも、ここまで凝るっ!
IMG_7768.jpg
後ろはまだ未完成。超さっぱり、これからド派手になるんだろうね。
IMG_7775.jpg
白いWatの隣には、金ピカの建物が・・・。
IMG_7778.jpg
何かと思ったら、なんと「トイレ」!!とことん凝りますねっ!
IMG_7772.jpg
今日の作業員わずか2名。このペースでは完成はいつになることやら・・・。


(2009.11.02.)


ロイ・クラトン

IMG_7719.jpg


旧暦12月の満月の夜、それが今年は11月の2日。
この日に「ロイ・クラトン」というタイで1番の伝統的な祭りが開催されるとのこと。
バナナの葉でつくった蓮の形をした灯篭を川に流す。
「去年1年の悪い出来事をすべて流す」という意味らしい。
日本のお盆の灯篭流しに少し似てるね。

このお祭り、なんと3日間開催されるようで、初日はチェンライのサタデーマーケットに便乗して舞台が設けられ、日本の盆踊りのように踊る市民を見物。
ゲストハウスのお隣のWat Jet Yodでは、伝統舞踊ラーマーヤナも鑑賞できた。
深夜まで花火の音が鳴り響き、こんなにチェンライに人がいたのか!と驚くほどの人ごみだった。

IMG_7710.jpg
おくの人だかりが盆踊り!かならず生歌に合わせて踊ります♪
IMG_7712.jpg
8年ぶりに見たタイ舞踊。動きがスローで眠くなる。



翌日、私たちはメーコック川に灯篭を流しに行った。
いつもは何にも無い河原には、ちょっとした移動遊園や屋台、舞台、音響を備えたクラブブースなんかも設置。
灯篭を流すまでは神聖な気持ちだったのに、この喧騒で一気にテンション落下。
まぁ、どこの国でも同じですね。

3日目、この日が満月なので本来のロイ・クラトンの日。
出入り口である扉という扉すべてに蝋燭を灯す。
私たちもゲストハウスの蝋燭の点火を手伝ったんだけど、風が強くて点けるのに一苦労だった。
オレンジ色の温かい明かりが街中に点在するので、とっても神秘的。
さらに天空にはたくさんのランタンを飛ばすので、真っ暗闇にうかぶオレンジのドットが、まるで草間彌の世界!
まさにワンダーワールド!

先を急ぎラオスにいたら、こんな素晴らしい行事に参加できなかったのかと思うと、特別な行事に参加できて本当にラッキーだったと思う。
ただの休息のつもりだったけど、チェンライに落ち着くことにはこんな意味があったのか。
やっぱり人間のちょっとしたひらめきってのは、必ず何かに繋がってるんだなぁ。

先月の満月はパンガン島でFullmoon Partyだったのを思うと、もう一ヶ月か、早いな~。
でも、もうずいぶん前のことのようにも思える。早いのか、長いのか、、、よくわかんないや。
タイ1ヶ月、、、まだお腹は下してない。

IMG_7714.jpg
蓮の形をした灯篭、10B也。
IMG_7730.jpg
ちゃっちぃ移動遊園と出店たち。
IMG_7734.jpg
食べれますかっ!!??
IMG_7733.jpg
目の前に、調理前のものがあるのに。。。
IMG_7722.jpg
みんなでランタンを飛ばす。。。実は、私の1個目、撃沈。


(2009.10.31-11.2.)


Mekong River

IMG_7637.jpg


本日6時起き。
バスに乗って、まず向かったChian Saen(チェンセン)。
そこからソンテウ(バス)に乗って最初の目的地「Golden Triangle」に着いた。
「Golden Triangle」というのは、もともとはアヘンが採れるタイ・ミャンマー・ラオス三国っていう意味で呼んでいたらしいけど、近年では、タイ・ミャンマー・ラオスの三国が見えるメコン川の三角州のことを言うようだ。
感想、「ふ~ん、あれがミャンマーで、あっちがラオスかぁ~」とあっさり終了!
むしろ、ケシの花とかが一面に咲いてたりしたら、違った意味で感動してたのかもね(笑)。

近くにアヘン博物館(Opium Museum)なんてものがあったので、ネタになるかと思って行ってみました。
50Bも払う価値があるのかと疑いたくなるような、博物館とは決して言い難いちゃっちぃ造りなんだけど、アヘンの採取方法やヘロインの作り方が展示されていたので、50Bの価値を見出せる人もいるのかもね。
ただ、始終「いいんですか?」と苦笑。
まぁ、原料がなければ作れないからいいのか・・・な?

島国日本出身のせいか、三国が一度に見えるっていう響きになぜかテンションが上がってしまい、勢いでここまで来たんだけど、聞いていた以上にいい加減な公共交通網で大変だった。
何せソンテウが来ない!
停留所なんて親切なものはないので、36度の炎天下での待機。死んじゃうよ、、、
ここも観光客がほとんどいないので(しかも普通の観光客はツアーを使うから)、乗客いないから出さない的なノリらしい。
タイ、恐るべし!ってか、しっかりして!!

IMG_7592.jpg
バスに揺られること1時間半、このシートがめちゃくちゃ私の腰に合わない。。。
IMG_7602.jpg
写真ではタイとミャンマーしか見えない・・・うぅ、無念!
IMG_7609.jpg
場所で言うと、このあたりです。
IMG_7614.jpg
アヘン博物館。かなりリアルでキモかった。。。
IMG_7616.jpg
駐車場はよく見るとケシの花柄でキュート!そこをこだわるんだね~ぇ。(笑)



何はともあれ、命あるまま次の目的地Mae Sai(メーサイ)にも無事到着できました。
ここは「タイ最北端の街」ってことで、その上はミャンマーです。
500B払えば、ビザなしでもミャンマーのTha Khi Lek(タチレク)に入国できるとのことなので、ミャンマースタンプ欲しさに渡ってきました。(なんて不純!)
いやいや、本当の理由は、明日でタイの観光ビザが切れるからなんですけどね。
(一度出国すれば、陸路入国なら15日いられるからさ)
なんだかんだでタイに1ヶ月スティしてしまった。あぁ、光陰矢の如く・・・。

ミャンマー人はまったりしてて素敵だって、たくさんの人から聞かされて期待してたんだけど・・・。
タチレクは、たぶんミャンマーでも特別なんだと思う。
うん、タイと一緒。セールストーク炸裂!
「ニホンジ~ン?タバコ、タバコ!!」って大声で聞かれるから、
「煙草嫌い~!I hate tobacco!!(怒)」って返すと、
「マヤク~!」って・・・!!!!!
要るわけねぇだろっ!!
ってか、そんなおおっぴらげに聞かれて、「買います」なんていう人間いないでしょ!?
ということで、最初から笑わせていただきました。

タチレクの街はね~、またまたシェムリアップのよう。
むしろ、このスタイルの方がアジアでは普通なんだと今更判明。
そして、聞いていた通りでタイよりも物価が安い!
サングラス50B(180円)。
i-Phoneは、なんと3000B(10800円)。
でも、全部偽物なんですけどね・・・。(笑)

街を散策した後で、トゥクトゥクに乗って市内観光。
ミャンマーの寺と、かなりヤラセ的な民族村に行って来ました。
所要時間2時間と運転手に言われてたけど、1時間もかからず終了~!
で、やること無いので退国。
ミャンマー滞在時間、わずか2時間。(笑)

IMG_7643.jpg
メーサイの国境手前には「最北端の街」っていう看板がありました。
IMG_7640.jpg
一人で撮影してたら、「一緒に撮ってください」ってタイ人が・・・私でいいのかしら?(笑)
IMG_7687.jpg
メーサイのイミグレーション。
IMG_7646.jpg
わずか10m幅ほどの川を渡ると、そこはもうミャンマーのタチレク。
IMG_7644.jpg
川の左側がタイで、右側がミャンマー。
IMG_7645.jpg
川の左側がミャンマーで、右側がタイ。
IMG_7684.jpg
ミャンマーのタチレクに入国して、すぐの景色。閑~散~。
IMG_7650.jpg
町並みは、「The Asis」な感じでシェムリアップやスコータイの雰囲気。
IMG_7652.jpg
トゥクトゥクと交渉して、相場の半額の50B(180円)で市内観光。
IMG_7653.jpg
ミャンマーの寺は、噂どおりカラフル!!
IMG_7661.jpg
この寺はヤンゴンの寺のイミテーションらしい。。。(後日談)
IMG_7663.jpg
突如、丘の上に現れる釈迦と修行僧(等身大)。なんと28人並んでました。IMG_7666.jpg
まるで愛知県にあるC級スポット「五色園」を彷彿。ミャンマー、気に入ったぞ!
IMG_7669.jpg
完全人工村で、首長で有名なカレン族にも会いました。
IMG_7671.jpg
首の長さよりも、顔の小ささに唖然してしまったのは私だけでしょうか・・・!?
IMG_7672.jpg
みなさん、慎ましやかでキュートでした。(ちょっと痛々しかったけど・・・)
IMG_7674.jpg
アカ族にも出会いました。帽子を取ると悪霊がつくらしく、寝る時も被ったままらしい。
IMG_7675.jpg
今時のアカ族といったところでしょうか・・・。うん、可愛いから許す!
IMG_7676.jpg
タチレク郊外はのどか。次回はちゃんとビザ取ってヤンゴンに行きたいな!


(2009.10.30.)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。